日々の仕事

誰にも会わず、黙々と一人で木を挽くのはこの上ない幸せな時間。仕事があることがとてもありがたい。こうして仕事していると、いろんな事に感謝したくなる。大嫌いな奴にさえ、何かしらの感謝が生まれる。

自由な時間に自在を重ねて、自らを鼓舞しながら、ひたすらに働く。もちろん、完璧ではない。誰かに迷惑をかけながら生きている。それでも、自分にとって必要の無い相手なら遠慮なく背を向ける。己のしている事に責任を持つという、覚悟をして腹を括ったからできることだ。

貧乏だけど貧しくはないこの暮らし。
何も無いけれど、豊かな生き方を少しずつ実感している毎日。

それも、こうして仕事があるからこそ。さあ、まだまだ、たくさん挽かなきゃいけない。怪我しないように、穏やかに遠くまで行こうと思う。

投稿者: 炭やき人

北三河木こり人、北三河炭やき人、北三河木挽き人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。