行き先は・・・

たてまえばかり気にする周りの有象無象が、下品な振る舞いをしていても、自分の仕事を黙々と続けようと思う。

お天道様は見ている。山の神はちゃんとわかっている。

僕の目指す場所は遠い。ずっと向こうにある。自由な旅人のようにそこを目指そうと思う。

僕を応援してくれる仲間たち。みんな近くには居ないが、勇気を与えてくれる。僕はまだ、志半ばの半人前なのだ。

少なくとも、月並みな目標からは足を洗った。オプティミストとして、一歩ずつ歩いてゆくんだ。

これから、まだいくつも波乱がありそうだ。それを考えるとワクワクしてくる。

やるべき事をやり終え、道を造ったら、身軽になって彷徨うんだ。

誰しも、神が与えた仕事を持っている。そこに気付き、そこに出向き、迷いながらでも、精進するかどうか?だと思う。

自惚れず、はしゃがず、独りで立つ。仲間は大切だけど、馴れ合うのはマイナスだと思う。自分を愛してくれる人を大切に、自分が愛する人を守りたい。

余計なものをそぎ落とし、多少の無理をして、いざというときには、全てのものを潔く諦めることだって有りえる。

それでも、理想を貫きたい。

地べたを這い回ってでも、愚直に前に進むしかないからね。

誰も見ていないと思っても、誰かはちゃんと見ていてくれるだろうし、お天道様はしっかりと見ているから。

男として自分に恥じる事の無い生き様を、自分自身に残したい。

雨の朝、やることはたくさんあるのに、できない苛立ちを抑えるのに、こんなことを書きました。

天気に左右される仕事だとわかっているのに、

結局天気に翻弄される。

まだまだです。

こんな日は、鉈研ぎます。

投稿者: 炭やき人

北三河木こり人、北三河炭やき人、北三河木挽き人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。