僕は、名も無き山守、炭やき、木挽きでいたい。

だから、ひたむきに山に入り、愚直な仕事を繰り返し、質素な生活を続けるんだ。

僕がやろうとしていることは、僕が新しく開発した技術でもなく、閃いたアイディアでもない。インターネットで仕入れた薄っぺらい、上っ面の知識でもない。師匠や先輩から直接伝え聞き、自分の五感で確かめたこと。僕がこの目で見て、この手で考えたこと。古来、日本人が培ってきた方法であり、技術であり、それはまさしく文化そのものなんだ。

山の恵みを頂き、それを大切に使う。ただ、それだけ。それ以上でも、それ以下でもない。僕は、誰とも闘わない。でも、誰にも負けない。母なる大地が僕を生かしてくれる。父なる宇宙(そら)が見守ってくれている。山の時間に逆らわないよう、丁寧に仕事をする。宇宙のサイクルにシンクロする。

僕が新月と葉枯らしに拘り、伐り出し、挽いた木々が、僕が魂込めてやいた炭が、誰かの小さな喜びになって・・・・・それが僕の糧になれば、それだけでいいんだ。

投稿者: 炭やき人

北三河木こり人、北三河炭やき人、北三河木挽き人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。