ライフワークとライスワーク

先日、素晴らしい言葉を見つけた。
「ライスワークとライフワーク」
内山節さんや、渋澤寿一さんが言う、「稼ぎと仕事」だ。

食うために稼ぎ、金にはならずとも、生きるために仕事をする。両方できて一人前。

ひっくるめて、「生きることが仕事」というスタンスでやりたい。「仕事のために生きる」はつまらない。増して、「食うために働く」のも面白くない。

毎日を生きるために、僅かな食料を作り、自分で採った薪で暖を取る。日々の仕事は、木を相手に。生き物としての尊厳を向けた相手と、真剣に対峙するんだ。

数十年山で生きてきた木の命をいただくのが僕のライスワークである。

命の水を生み出すその山を守るのが僕のライフワークだ。
山村の静かな時間はゆっくりと過ぎる。

言えることは、僕のライフワークをやり遂げるためには、この場所しかない。今、そんな場所に身を置ける僕は幸せ者だと、心から思う。

オリオン大星雲を眺めながら、そんなことを想ってみても、宇宙(そら)の星たちは数万年もの間、何ら変わることが無い。
考えても結論は出ないし、僕の頭では理解できない。

だから、これでいいのだ。

投稿者: 炭やき人

北三河木こり人、北三河炭やき人、北三河木挽き人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。