初窯は・・・

今日は朝から誰とも会わず、工場でひたすらに原木割り。

シングウの42インチ薪割り機がすこぶる調子いい。前の窯でも使っていたけど、あれは補助金で手に入れたものだし、自分の物では無かったから愛着も少なかった。

だけどこれは、クラウドファンディングで支援してもらったお金を半分、残りの半分は自腹で買った。

エンジンはミツビシ。いいオイル入れて、高いけどモリブデン添加剤も入れて、慣らし運転までしたエンジン。OHVの4サイクル、シングルの181ccだけど、低回転でよく粘るから割りやすい。

休憩は、やはりウッドガスストーブで甘いカフェオレを飲む。

そして、窯も冷えたので口を切って(焚口のレンガを外して)、中を見てみた。

初窯にしては上出来だ。

当たり前だけど、炭になっていた。焚き方もまだ改善の余地あり。

一つステージが上がった。

まだ雪の残る工場で、未来への確信を一つ、胸に刻む事ができた。

本当に幸せ者です。


投稿者: 炭やき人

北三河木こり人、北三河炭やき人、北三河木挽き人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。