自己紹介

北三河(豊田市北部から矢作川上流域)で山仕事しています

1962年(昭和37年)生まれの、小汚いおっさんです。列車運行管理システムのSEをしていました。
「頑固だが、楽天的なジジイ」になりたくて、大好きでやりがいのあるSEの仕事から、42歳で脱サラ。炭やきの修業を始めました。「頑固で楽天的なジジイ」になるためには、炭やき職人になるしかないと思ったのです。
SE時代はコンピュータに囲まれて、列車に信号を出すシステムを構築してきました。自分では最先端の仕事だと信じていました。ところが、木こりになって、相手が地球となった途端、「こっちの方が最先端なんだ」と確信したのです。
炭やきは師匠(故斎藤和彦)から教わりました。森林組合でのバイト、不本意ながらのNPOでの活動業務などを経て、豊田市旧旭町に、2010年にIターンしてきました。木こり仕事を請け、伐った木をユニック集材で出し、広葉樹は窯で炭にし、針葉樹は豊田市加塩町にある製材工場で挽いています。
炭をやくには、木を伐ることがスタートです。木こりとして仕事をしているうちに、人工林問題にも深く関わることになりました。
自分で伐って、自分で出して、自分で運んで、自分で作った窯で炭にして、自分で製材して、自分で配達するというスタイルです。
トレーサビリティの明確化が問われる社会ですが、僕の場合、自分自身がトレーサビリティです。炭にしろ、板にしろ、その切り株まで案内できます。
その強みを生かして「タチキカラ」というワークショップをしています。
ユーザーが家具や家を希望しているとき、僕が山に案内します。そして、ご自分の木を選んでいただく。その木を目の前で伐ります。伐る日は(伐り旬・新月期)の中で決めます。こちらの都合は二の次です。山のスケジュール優先です。
伐った木は、その木が育った森の中で「葉枯らし」します。スギで最低4カ月以上です。
丸太の状態が長いので、その間にどんな使い方をするのか、家具職人や設計士、大工を交えてデザインを決めます。
葉枯らしを終えた木は、山で玉伐り(デザインに基づき、長さを決定)します。
その丸太は、自社工場に運びます。そこで、その木をどう使うか、家具職人と大工と相談しながら板や柱にする木の割り付けを行います。これを木取りと言います。その後、その丸太を僕が製材します。ユーザーさんにはこの作業もお見せします。
製材した木材は、丁寧に乾燥させます。これは場合によっては一年くらいかかります。
葉枯らし+天然乾燥された新月期伐採の木材は、色が良く、香りも素晴らしく、歪みや狂いも少ないのです。
その後は、家具職人と大工の仕事に委ねます。
一本の木を、きちんと使うということだけです。特別なことではありません。
山の民として、ごく普通の仕事をして、それを淡々と続け、お引渡しいたします。それが「タチキカラ」です。
料金、納期、デザインなど、お問い合わせください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。