残念なこと

久しぶりに、本当に久しぶりに午前中ゆっくりしてる。雨なので、村のみんなも稲刈りせず、静かな日曜の朝だ。先日、ちょっと残念なことがあったんだ。
あくまでも、僕の主観だけど。僕はずっと、ニコルさんが好きで、講演にも行った。亡くなった時はとても悲しかった。
先日、ニコルさんの生前の活動を伝えた番組があって、それを観た。芸能人とか、有名人がニコルさんの功績を讃えていた。黒姫のアファンの森には憧れていた。だけど、番組で紹介された活動は、木を植えるという行為だった。
番組を観るまで、あのニコルさんが、人工林を作っていたとは知らなかった。しかも、20年そこそこで植林した森が息を吹き返したと。正直、ショックだった。
ニコルさんの森は、実生で芽吹き、育った木々を大切に見守っていると思っていたから。

何度も書いているけれど、僕は木こりだから木を伐る。伐って、出して、炭にしたり、挽いたりして生きている。伐った跡地には植えるという段取りになっていれば植える。それを育て、収穫するのが林業だからだ。
人間が植えた木は、徹底的に面倒を見る。その山の所有者(固定資産税を払っている人)のグランドデザインに沿って、仕事を進める。それは、業として行っていること。環境を守る為に、人が植えた木を伐った後、本当に環境を守りたいのなら、植えるべきではない。
その山には埋土種子があって、光を入れた林床から芽を出す。それこそ、その土地に合った、山の神に選ばれた種子が芽を出して、大きく育つのだ。アファンの森は、そうやって維持されていると思っていた。ところが、広葉樹を植えていた。

地球を守るなどと自惚れた考えのもとで。自然を守りたいのなら、人が手を入れた時の状態まで、人が戻し、後は徹底的に見守るべきなのだ。子や孫に見届けてもらえばいいのだ。
地球の為と言うのなら、地球に任せるべきなのだ。人間が勝手に植えて、数十年で効果が表れるほど山は甘くない。人間には、この星を元どうりにする能力など備わっていない。
この百年の愚行は、この先何百年もかけて、反省して見守り続けることでしか取り返しがつかないんだ。もちろん、ニコルさんの事は今でもリスペクトしているし、非難している訳ではない。
環境活動家って、結局人が地球を救えるって、本気で考えているんだろうか?食物連鎖から外れ、生態系ピラミッドから弾かれた存在の人類に、この星が救えるとは思えない。
そんな偉そうなことを言ってる僕だって、スマホを使い、こうやってインターネットの恩恵を受け、化石燃料を焚いて移動したり、仕事してる。それを今更止めることはできない。
だからこそ、自然環境を守りたいのなら、植えちゃダメだ。人工林は間伐して、その先何十年か過ぎたとき、ようやく少しずつ効果が出る。自分の目で見られないんだ。それが地球を救うことに繋がるって思う。

最近は行けてないけど、僕がガイドをしている原生林に行きたくなった。大きくなりすぎて、遊歩道を歩く人に危険が及ぶ木は伐られた(とても残念だったけど、これは仕方ないと思う)。だけど、国有林という理由もあるけど、あの森には植林はされていない。何百年も前からずっと、見守られている森だ。

木を植えるってことは、いかにも良いことをしているようだけど、その土地の所有者が林業を成り立たせるため、景観を維持するために植えるのなら反対はしない。

ただ、地球を守りたいという理由で、愚かで薄っぺらい人間のエゴで植林し、植えた人の自己満足、植えた人がほんの数十年で環境を戻したなどという、自惚れを助長するために木を植えるのはやめて欲しい。

川は海を目指す

昼飯の帰り道、何気なく安部恭弘聴いてたら、「川は海を目指す」って歌詞に惹かれた。

僕が木こり、炭やき、木挽きになろうとしたのは、真面目に水源地の山河を守りたいからだ。

山が命の水を産み出す場所だから、僕はそこを仕事場にしたかったんだ。

大いなる海の水は蒸発し、風に乗って運ばれ、山肌の上昇気流で雲になり、山に降り注ぐ。
その水は、天然林ならたっぷりの腐葉土に染み込み、何年も何十年もかけて、沢に集まり、川となって海を目指す。
その動きは、重力によって引き寄せられる、母なる地球の真理である。
決して抗うことのできない、大きな力に身を委ねるということ。その中で、自分ができることをすれば良いのだ。

その輪廻のような繰り返しが、森羅万象の命を繋ぐ、それは命の水だ。

地球上の水の絶対値は変わらない。それこそ、宇宙の真理だ。

ふと、そんなことを想う、真夏日の山村から。




借金しました

製材機移設に伴う設備投資で、融資を受けた。

コミュニティ・ユース・バンク momo からだ。

momoの成り立ちとか、ポリシーはHPを見て下さい。

経営者として、どこからいくら借りるか?は重要な問題。

僕としては、僕が借りることで融資をしてくれる金融機関の実績になるような相手を探していた。momoの理事には知り合いもいるし、momoに出資している古い友人もいる。

言ってみれば、単純な金貸しではなく、志や地域性を審査される金融機関なんだ。

つまり、momoからお金を借りられるということは、少なくとも返済能力に加えて、志を評価してもらったということ。

そして、融資の面談時に僕が相手方の理事に言ったのは、「momoとして、僕に貸さないで誰に貸すんですか?」と。

僕の事業は小さい。そしてショボい。けれど、僕には僕の理念や信念、お金を回収できる根拠、失敗する理由は見当たらないんだ。そして、僕自身もmomoに少ないけれど出資した。誰かの志を通すための資金の足しになるかな?

設備投資も最小限、収入見込みの金額以内でしか借りない。つまり、借りなくても何とかなりそうなんだけど、動かせる資金は多い方がいい。だから、借りた。

僕は経営者としては初心者で、今まで経営らしいことはしてこなかった。これからが僕の社長としての試練の日々です。

オトコとして、自分の城を持ち、そこで稼ぐことはとても嬉しいし、誇らしい。

この工場でいろんな仕事をします。

是非、応援お願いします。家一軒、家具ひと揃え、いや、柱一本、板一枚から対応しますよ。

もちろん、「タチキカラ」として、山の木からスタートするプロジェクトも動いています。

http://www.momobank.net/

やっと、製材機稼働

長い時間かかったけれど、やっと製材機が稼働した。
今持ってるスギが原木(末口2乗)で約60立米。
行き先はほぼ決まっている。ありがたいことだけど、これから1~2か月、無理してでも挽かなきゃいけない。まだ、レール基礎コンクリートが柔らかいから、軽い木から順番に。今のうちに、桟木も作っておかなきゃいけない。
これからの半年が、あと何年も経った時に、「あの時はよくやった。あれが転機になった」と言えるように。






夏至の日に

昨日は夏至。夏至は一年でも特別な日。僕は日々、母なる地球と父なる太陽に生かされていると考えている。

夏至は一年で、最も光合成がたくさん行われる日だ。
僕たちの暮らしは、全てと言ってもいいほど、太陽の光が無くては成り立たない。植物は太陽光が無ければ、死に絶えてしまう。それは生態系ピラミッドの生産者層だから、植物が無くなれば、全ての生き物が死に絶えることになる。
植物以外の生き物は、太陽の恵みを直接取り込んで蓄えることができない。光合成によって蓄えられた植物体内の炭素を、植物を摂ること、植物を摂った動物を食べることで体内に入れている。だから、植物がなければ、僕たちも生きてゆけない。
もちろん、光合成で生み出される酸素も必要だ。
モノ言わぬ植物にこそ、この星の命が託されている。そして、その恵みは、決して恩に着せるようなことはなく、植物たちはただただ、生きることが仕事と、命を繋いでいる。その結果が全ての生き物たちへの恵みとなっている。
僕自身、何のために働き、何のために生きているのか?という自問自答の答えがそこにあるような気がするんだ。
自分がしたいことをする。条件は、極力、誰かに迷惑をかけないこと。「生きることが仕事」となるように自分を磨く。
花は、ただただ咲きたいから咲く。同じように、僕は僕がやりたいことをして、結果的にそれが誰かの役に立ち、誰かを幸せにできるなら、それが喜びとなる。

つくづく思う。46億年以上、宇宙(そら)にぽっかりと浮かんだ母なる地球は、一年の半分の時間、父なる太陽の光を浴びながら、回り続け、周り続ける。

夏至の日くらい、太陽と植物に感謝しても良いんじゃないかな。

僕が棲む集落には、「中(ちゅう)払い」という昔からの風習がある。
それは、夏至の日、仕事を終えたみんなが簡単な食べ物を持ち寄り、酒を酌み交わし、太陽に感謝する集まりだ。
それがコロナの影響で、今年は中止になってしまった。

それでも一昨日、お宮さんの草を刈っておいた。
そのお宮さんを中心にしたこの集落で、死んでゆこうと決めています。そんな場所に巡り合えたのは、これが約束されていたことだから。

「稼ぎ」と「仕事」

「稼ぎ」と「仕事」

これは、内山節さんや、澁澤寿一さんがよく話すことだ。


「稼ぎ」とは文字どうり、お金を稼ぐこと。日々の暮らしで、必ず必要になる。お金が無ければ、暮らしは成りたたない。田舎暮らしをしていても、家賃、電気、水道、車、携帯・・・・・現金がある程度無ければ暮らせない。
だから、「稼ぐ」。
僕の場合、木を伐り、炭を売り、板や柱を売り、原生林をガイドしてお金をもらい、アルバイトのデイサービス送迎で現金収入を得る。暮らしを成り立たせるため、嫌なことでもやらなければならない。

「仕事」とは、お金にならないかもしれないけれど、自分がやりたいことをすることだと思う。例えば、地域のこと、村のこと、すぐには現金収入にはならないけど、いろんな準備をすること。ジローの世話もそうだ。
僕は今年度、1000人ほどが暮らす自治区の、定住促進部部長をしている。年間、わずかな活動費をもらうけど、それはガソリン代、電話代程度で消えてしまう。会議や打ち合わせ、地域面談に、各町内の空き家状況を把握、部員と一緒に移住・定住を進める。これこそ「仕事」だと思う。村の草刈もそう。
誰かに言われてやることではなく、それこそ自治として、自ら動くんだ。自分がやりたいからやる。結果的に、誰かの役に立っていれば嬉しいし、本望だ。

内山さんも、澁澤さんも、「稼ぎと仕事」両方できて一人前だと、同じことを言われた。

あえて「稼ぎ」と「仕事」を区別する必要もない。「仕事」だと思って取り組んだことが、「稼ぎ」になることもある。逆に、「稼ぎ」のつもりで行ったら、「仕事」だったこともあるんだ。

これは、「自由と自在」の関係にも似ている。僕は「稼ぎ」を「自由」、「仕事」を「自在」とも捉えている。

「自由」はお金で買える。都会の真ん中だろうと、山の中だろうと誰にでも手に入る。

「自在」はお金では買えない。自ら在るように考え、行動しなければいけない。

「稼ぎ・自由」を手に入れるために、不自由や我慢をして、日々の暮らしを成り立たせる。

「仕事・自在」を味わうために、自分に厳しく、人に優しく、己を貫く。



「暮らし」のために「稼ぎ」、「生きる」ために「仕事」をする。


僕はそんなふうに考えている。



自問

自分のしている事を、目を背けずに見てみた。

自分自身に恥じる事は無いか?もう一度自問自答してみた。

もちろん、嘘はない。自分のしている事には自信もあるし、矛盾も迷いも無い。未来は明るいと確信している。

だけど、まだまだ甘い。甘ったれている。

「稼ぎ」と「仕事」。これがキッチリ両立してこそ、本当の大人だ。それは充分にわかっているつもりだし、それがささやかな目標だ。

しかし今の僕は、そのどちらも中途半端だ。志半ばの半端者だ。

生業としてこの道を選んだ以上、後戻りできないし、するつもりもない。

問題は、生臭い話だが、やはり収入だ。ある程度のお金が必要なのだ。正直、ここまで苦労するとは思っていなかった。もちろん、炭が爆発的に売れるとも思っていないし、この不景気の中、そんな簡単じゃない事はわかっていた。覚悟はできているので、現実を受け止める事は容易だ。実に酷い。もう、笑うしかないくらいだ。

確かに田舎で暮らせば、日々の暮らしにかかる経費は想像以上に少ない。だが事業を進めていく以上、これではいけない。少なくとも、山で雇用を生み出すくらいの事業にする必要があると思う。

そして、僕の役割はもっと大きいと思っている。

それは、「火の文化」である「炭」を残していくことだ。「炭やき」という仕事をきちんと継いで、それを誰かに託すこと。エコとか、CO2排出削減も大切だが、それよりも「炭」そのものを残したいのだ。

まだある。心の底から願うこと。それは、山を守り、水を守り、母なる地球そのものを守り、何代もあとの子孫に真っ当な形でこの星を残したいということだ。

貧乏でも、この思いとやる気が失せていないことが救いだ。

今は苦労のとき。僕よりも辛い人は大勢いる。稼ぎは少なくても、自分の好きな仕事を、自分の段取りで進められる僕は幸せ者だ。周りの人に助けられている。一人では何もできない。

特に、地元の人たちにはどれだけ世話になっているか、計り知れない。こんなヨソモノを追い出さずに置いてくれている。それだけでも感謝しなければ。

働く事が恩返しだ。もちろん、まずは自分のため。自分の周りの人の幸せのため。

そうは言っても、日々の暮らしは本当に苦しい。しかし、食欲はあるし、よく眠れる。根っからの楽天家なのだろう。朝になれば、その日の作業の段取りを考え、身体を動かす。やはり僕は恵まれているのだ。

あの角を曲がれば、神様が微笑んでいるかもしれない。そこに居なくても、次の角にはいるかもしれない。少なくとも、山の神は見ていてくれる。お天道様は見捨てたりしない。

そんな簡単なことじゃないけれど、もう少し、ここで頑張ってみようと思う。


ゴールデンウイークか・・・

世間はゴールデンウイーク。自粛ムードで静かな10日間になるんだろうなあ。しかし、全体の2割いると言われている、意識の低い、自分勝手な奴らが天気のいい日には、バイクや自転車で押し寄せる。どう見ても、遊びに来ている。仕事には見えない。特に、自転車だ。ジョギングでは飛沫が10m拡散しながら飛ぶと聞いた。自転車だって、歩くよりは呼吸が荒いだろう。そして、あの移動距離。ウィルス保持者だった場合、奴らの行動は犯罪レベルだ。田舎のじいちゃん、ばあちゃんたちは、自転車が来ると、窓を閉めて「コロナが来た」と引き籠る。奴らの姿がすでに、ストレスになっている。このあたりでも、病院までは約15km。車で20分以上かかる距離。体制も充分ではない。なのに、意識低い系の奴らは能天気にはしゃぎ回る。頼むから、来ないで欲しい。
そんなゴールデンウィークも毎日仕事です。工場にはいくらでもやることがある。昨日は買って初めて、事務所の二階へ入ってみた。今までは鍵が無くて開けられなかったんだけど、梯子で屋根に上がり、窓から合法侵入(建物の固定資産税は僕が払っている)。
なかなか、キレイで広々とした部屋だ。これなら、炭窯を打ってから、ここで仮眠できる。いや、家までは6分だから、それも無いか。
昨日、ボイラー焚いててちょっとした火傷した。
すぐに、木酢液をたっぷりと着けた。
一晩で、触れるくらいまで回復。木酢液は、炭やきの煙を冷却して得られる。つまり、木々の内部に蓄えられている炭素以外の物全てが含まれる。タールは発ガン性物質だ。それ以外はまだはっきりと解明されていないんだけど、人の身体にとって、良い成分であることは、悠久の昔からの事実だ。火傷にこれほど効く薬は知らない。野村隆哉先生によれば、木酢液でコロナウィルスを死滅させられると聞いた。変異を繰り返すウィルスに対して、多くの物質を含む木酢液は対応するのだと。
僕もそうだと思う。この匂い、大好きだ。毎回、風呂に入れている。だからかな、もう何年も風邪引いてない。
木こりの僕が命を奪った木から、炭やきの僕が新たな命を取り出す。それが炭であり、木酢液だ。
命を奪った僕を救うのが、その木そのものであるということ。
山の恵みは偉大だ。母なる地球からの恵みだから。
早く炭やきとして復活したい。その準備を頑張っています。
コロナのことで、大きな影響を受け、考えさせられた。「コロナありがとう」と言って、地球の環境が良くなったことを喜んでるお花畑の人たちもいる。コロナのおかげで、食うのにも困っている人たちが現れている。それなのに、「ありがとう」なんて言えるほど僕は人間ができていない。いろんなことを考えると「コロナバカ野郎」だ。もちろん、生物ではないにしても、ウィルスだってこの星の住人であって、僕がそれを排除することはできないし、共存しなければならない相手でもあるんだ。
とりとめのない話になってしまったけれど、僕は元気です。

腹立たしいこと

今日、腹立たしいことがあった。僕の仕事場(製材所)に見学に来た人の中に、製材所へ来るとわかっていながら草履履いて来た奴がいた。いかにも意識高い系。移住の先輩である僕に挨拶も無い。ずっとヘラヘラしてる。
刃物や動力を使う仕事場に、草履履きで来るというのは、仕事をなめているし、僕のこともバカにしている。以前、岐阜から窯へ来た奴もそうだった。ユニックを使う現場だとわかっていながら、草履履き。何か考えがあって草履履きしているのかどうか、僕にはどうでもいいけど、少なくとも職人が身体張って真剣に仕事している場所へ来るのに、あの態度と草履履きは許さない。
二人とも僕の関係する場所には出入り禁止。どちらにも、ハッキリ言った。ただ、理由は話していない。話す気もしない。とにかく出て行ってほしかった。口先ではキレイ事言ってるけど、何も伴っていない。残念な奴らです。自意識過剰の正義の味方君たち。
同じようなことで、針葉樹を伐ってそこに広葉樹を植えるワークショップをする奴がいると聞いた。思い上がりもいい加減にしろと言いたい。
また人工林を作るのか?
植えたらその木が育つ間、何世代にも渡って面倒を見る覚悟があるのだろうか?山は命の源。木こりをして、炭をやく僕は誰よりも広葉樹が欲しい。だけど、絶対に植えない。大地の恵みだと知っているから。実生の天然林こそが本来の森林だって思うから。

環境のために、山に広葉樹を植える?その山の外から苗木を運んで?そんなでたらめ、無知だけでは済まない。

山に木を植えるというのは、その山に対する遺伝子操作なんだ。自分の持ち山(固定資産税を払っている)に、スギやヒノキを植えて林業を成り立たせたいと思い、植えるのはいい。果樹を植えて、果物を栽培するのもいいと思う。それは税金を払ってる所有者だから。何世代にも渡って、責任を負いながら山と付き合ってゆくのだから。

人の山で、環境のためとか言いながら、水源地に広葉樹を植えましょうって活動している奴らがいる。正義の味方面して・・・本当に愚かだ。

子孫や流域のことを考えて、森林を何とかしたいなら、人が植えた木を伐り、適度に間伐をしたら後は母なる地球に委ねるしかないんだ。無知にもほどがある。

林床には、何十年も前の埋土種子が埋まっている。光を入れたら、あとは見守るだけなんだ。僕は仕事で間伐もする。間伐の成果は、自分の目で見ることは無い。そんなこと、とっくに覚悟している。僕の仕事は、僕が死んでから何十年先にしか結果が出ないことを知ってる。

補助金を獲り、年度末までに成果や結果を出さないと次年度の補助金が減るから、すぐに結果を出したがる。

草履履きで人の仕事場へ来て、ヘラヘラしている奴らと、自分の成果を自慢したいだけの活動家とは同じだ。

補助金が悪いと言ってる訳ではない。僕だって恩恵に預かっているし、使い方を間違わなければいい。

机の上や、ネット上でカッコイイこと言って、世の中を変えるとか、世直しとか言ってる胡散臭い奴ら。仲良しクラブで生ぬるく傷口舐めあってる気持ち悪いやつら。

少なくとも、僕は地べたを這いずり回って、泥だらけになっても自分の信じることを貫きたいと思っているし、それはたった独りになっても変わらない。

宇宙貯金

明日もいろいろ。
今日やりきれなかった製材所のこと、工場の片づけ、原木の集計、自治区定住促進部の段取り・・・

どれもがすぐにお金にならないことばかり。

でも、どれもが大切な僕の仕事。

「仕事」と「稼ぎ」両方できて一人前(ひとりまえ)。

「仕事」って、お金にならないことが多い。だけど、それ故に充実感があって、達成感もある。

ふと、「宇宙貯金」って言葉を思い出す。

今夜も夜空は星が瞬いている。

誰も見ていなくても、手を抜かずにやり遂げる。

そんなふうに貯めた宇宙貯金は、僕に直接返らなくても、きっと誰かを幸せにする。

だから僕は、明日も母なる地球の恵みで生かされる。

炭やきも、木こりも、木挽きも、誰かの命の箱造りも、

実は全部繋がり、シンクロし、宇宙の真理が決めた順番を待っている。

僕はただ、約束されたことを粛々と進めるだけなんだ。

愚直に、自分のできることを、自分のペースでやるだけなんだ。

結局、自分のやりたいことを、頑固に、楽天的に行うだけなんだ。

それが僕なりの「宇宙貯金」です。