熱化学還元処理

57歳の僕にとって、僕の人生はまだ半分くらいの感覚だ。これからやりたいこと、知りたいことがたくさんあり過ぎてワクワクする。
そのワクワクがまた一つ、動き出した。
僕の本業は 木こり 炭やき 木挽き の3つ。
木こりから木挽きの流れの中で、ちゃんとした仕事(大工さんが適正価格で買ってくれる材を出すこと)をするには、木の乾燥がとても重要な要素なんだ。
今まで僕は、師匠の教えや自分で学んだことから、伐り旬(秋の彼岸から春の彼岸まで)・新月期(下弦~新月までの一週間)で静かに山側に寝かせたスギやヒノキを、葉枯らし(葉っぱを付けたまま山に置いて、木の生体能力を使って、木の芯から穏やかに乾燥させる方法。脂分が抜けず、色味も良くなる)してきた。それを丁寧に搬出して(主に僕のユニックで集材する)、目切れしない製材(高知の親方から教わった木挽き)を心がけてきた。天然乾燥だけが僕のやり方だと信じてきた。
一方、稼ぎとして捉えた時、天然乾燥に拘り過ぎもどうかと感じていた。施主が求める木材は多種多様だからだ。
けれど、KD(人工乾燥)と呼ばれる材だけは嫌だった。しかし数年前、ある乾燥方法を知った。それを開発されたのは、我が大師匠である杉浦銀治先生の古くからの友人で、15年前に矢作の日本一大きな炭窯のお披露目イベントでも来て下さった、野村隆哉先生だ。個性が強く、偏屈な先生だけど、今まで僕がしがみついてきた、狭い範囲の拘りを吹っ飛ばしてくれた。
まだ詳しく書けない部分もあるけど、「TCR(Thermo Chemical Reduction Method)=熱化学還元処理」を勉強します。
この処理をした木材は、割れにくく、反りにくい。しっかりと、しかも美しく乾燥する。削ってもササクレが出にくく、歩留まりが1.5倍になり(反りにくいことから、製材時に小さめに挽けるから)、柱材でも背割れが必要ない。今までの乾燥とは次元が違う。生き物である木に、還元状態の中で熱を加えることで、リグニンを柔らかくし、それをゆっくりと戻すことで、元々ある応力を緩和する。もっと詳しく書きたいけど、今はこの辺でやめておく。
何より、金曜日に先生の研究所に伺って、実際に処理をした材を目の当たりにした。すごく素晴らしいモノだったんだ。
樹齢数百年の銘木と言われる材ももちろんそうだけど、僕が請ける間伐で出した材(樹齢はせいぜい60年、目が粗く、まっすぐでもない。市場へ出せば立米8000円くらいの、三河ではどこにでもある木)に付加価値をつけて、きちんと建築で使ってもらうことこそ、僕の使命だと思うんだ。
もちろん、「タチキカラ」でやってきた「伐り旬・新月期・葉枯らし・柾挽き製材」は続けます。それが僕の芯になってるから。事業として見た場合、やはり後継者を育て、利益も出さなきゃいけない。設備投資するのだからそれは当然。それこそが、僕の本当の仕事だ。それを実現してくれるのがTCRだと考える。
もちろん、問題もあるだろうし完璧ではないけど、TCRの凄いところは、伐り旬も新月期もあまり関係ない。葉枯らしの必要が無い。
つまり、出所がわかっている木なら、それを買って処理すればいいということになる。
今回持ち帰った材は、よく見ると今までの常識が通じない材になっている。
数年後、僕のスキルとなって材を動かしているか、能力が足りなくて、処理した材を買っているか、それは僕次第。この処理をすれば、安くていい材ができるということではなく、それなりの対価をいただくく価値のある材に変わるということ。安価な大量生産とは反対の職人仕事を貫きます。
野村先生は、相当変わり者だけど、人として尊敬できる方でした。
この歳で弟子入りすることになった。先生の知識は膨大過ぎて、僕はそのほんの一部を学ばせてもらうだけだ。
先生の知恵は見えないくらいに深い。僕は僕のできる範囲で真似して、自分の手に覚えさせるだけだ。
野村先生からはすでに、いろんな言葉を学んだし、宿題もたくさんいただいている。
ジオスフィア、ガイア仮説、国家100年の計、熱振動・・・・ワクワクする言葉をたくさん教わっている。ロジカルで、サイエンス、バイオロジー。そして根底にある人としての優しさ、強さ。それを学べる機会を与えてもらったんだ。
結局、人の縁なんだ。
怪我をして動けない半年の時間が逆に、僕にチャンスをくれた。
この数週間、小さなことだけど、いろんなことが上手く回ってる。
57歳の小汚いおっさんは今、少年のようにドキドキしながら日々を送っています。
どれもこれも、神様と僕との約束だったんだな。

投稿者: 炭やき人

北三河木こり人、北三河炭やき人、北三河木挽き人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。